”大地は祖先からの贈り物ではなく子孫からの借り物である”

2008年10月26日

脱穀!

CA3A0256.jpg

9月21日と23日脱穀を行いました。
まずは黒川。
2週間天日で干したお米、ハーベスターという小型の機械で、藁と籾に分けます。
分けたお米は地元で玄米に精米。藁は、ハウスにしまってストローベイルになる日を待ちます。(ごめんなさい、たくさんの人が手伝ってくれたのに、写真を撮るのを忘れました)

今日のお昼ご飯は、お弁当スタイル!19個のお弁当を作ります。栗おこわ、サツマイモとジャコの焼き揚げ、カボチャの肉巻き、ピーマン味噌、きゅうりのキューちゃん漬け、原木椎茸とちくわの煮物、ミニトマト、イチジク、地大豆のサラダ…こちらも大忙し、まるでお弁当屋さん。
DSCN1409.jpg

ととろ釜へ移動してお昼ご飯です。
DSCN1410.jpg

午後からは雨が降り出し、作業は中止。会員さんは枝豆をもぎってお持ち帰りです。
CA3A0258.jpg

そして、2日後、今度は切井で脱穀です。
始まる前に”ポーポー”という地元で採れた果物をいただきました。
見た目は緑色のマンゴーのよう、味はバナナのような、マンゴーのような、なかに下記の柿のような種がいくつも入っています。癖のある味で、好き嫌いがあるといいますが、初めて食べるそのかわいい名前の果実にしばし夢中に。
さぁ、作業作業始めますよ!
切井は棚田になっているので、1枚1枚の田んぼが高低差があります、それぞれの景色が美しい。
CA3A0283.jpg

お楽しみのお昼ご飯は珍しいマコモダケの炊き込みご飯に、マコモダケの炒め物、コゴミのゴマ和え、ササゲのゴマ和え、むぎめしトマトのサラダ、ナスのさっぱり煮、根菜のお味噌汁、地大豆の枝豆、ふきみそ、山の幸に大満足〜。
CA3A0270.jpg

藁が乾いてから、と様子を見ながら始めたら、全部終わる頃には外は真っ暗。
CA3A0269.jpg

頑張りました、お疲れさまでした〜。
posted by 管理人 at 16:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 新着情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めてコメントをさせて頂きますが、毎回更新されるのを楽しみに拝見しています。仕事で無機質な世界にいると、皆様の楽しい笑顔と笑い声が画面を通して伝わり、仕事を投げ出して参加したくなります。色々なイベントが発表される度に、参加しますって言いたくなります。恵みに感謝。自然に感謝。健康に感謝って大事だってことをこれからも教えて下さい。今日のお昼は、お弁当を買いに行きたくなりました。絶対、来年はお弁当を食べに行きます。
Posted by 竹村直樹 at 2008年10月28日 08:56
竹村さま
ご無沙汰しております。
コメントありがとうございます。

ぜひぜひイベントにご参加ください。
またゆっくりお話ししたいです。
以前コテージに泊まった事がありましたが
あれが白川町のクオーレだったんだなぁと
不思議なご縁を感じます。

今後とも宜しくお願いします。
Posted by 事務局 at 2008年10月28日 21:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック