”大地は祖先からの贈り物ではなく子孫からの借り物である”

2010年07月04日

余った玄米ご飯食べ切りレシピ

玄米ご飯は精白したご飯より、炊く時間が長い!
事務局の塩月家では、1度に3回分一気に炊いて、1度目はホカホカ玄米ご飯。
2、3度目は冷やご飯をアレンジして食べています。

★玄米おかゆ
冷やご飯に水と塩を加えて煮るだけ。
(トッピング例)
梅干し、ごま、ワカメ、シラス、アミエビ、粉末いりこ、など

★玄米雑炊
冷やご飯に水と塩を加えて煮る。
(トッピング例)
ワカメ、コーン、ごま油、キノコいろいろ、ごま、青菜、アミエビ、シラス、など
冬は、お鍋の残りにそのまま玄米ご飯を入れて、朝食に、簡単においしい雑炊をよく食べています。

★玄米リゾット
冷やご飯に水と塩と具を入れ、煮立ったら豆乳を加える。
塩はちょっと多めに入れると、チーズのような味わいになる。
(トッピング例)
キノコいろいろ、トマト角切り、パセリ、など

★玄米チャーハン
冷やご飯とお好みの具を炒める

★玄米お好み焼き
冷やご飯をお粥にして、お好み焼きの中に混ぜる。
すると、長芋がなくてもふっくらというか、モッチリする。
ウチでは、ご飯だけじゃちょっと量が足りない時によくやります。

★玄米お焦げご飯
冷やご飯を油で揚げる。
そのまま食べればおやつにもなるし、もちろん、上に具沢山のあんかけをかけると、
香ばしいお焦げご飯の出来上がり。

★玄米おはぎ
炊いた後、すぐ作って保存する。
玄米ご飯をちょっとつぶして、モチモチにしてからアンコと混ぜる。
そのままでも、きな粉やゴマをまぶしても、おいしい。

玄米ご飯を食べたいけれど、炊くのが面倒くさい、アレンジが思いつかない方、
こんな食べ方いろいろあります。玄米ご飯、本当に身体にもいいし、おいしい農薬も化学肥料も使わないお米を食べるのに、精米してしまうのはもったいない!
是非お試しを。

posted by 管理人 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | はさトラ田舎料理レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック