”大地は祖先からの贈り物ではなく子孫からの借り物である”

2006年09月15日

稲刈り・はさ掛けしてきました。その2

DSC_0028.jpg
photo by Kenichi Fukushima

9月9日・10日は、佐見の中島さんの田んぼで稲刈りをしてきました。
残念ながら、中島さんが手植えした田んぼは、刈り取るには数日早いという事で
あぜ道をはさんで隣の田んぼを刈らせて頂きました。今回はすべて「手刈り」!

DSCN5545.jpg

今回は中島さんの叔父さん(大先生)に教わりながら作業しました。
稲をザクザクと刈ったら、腰に付けた藁を2、3本スッと取り出して
驚くような速さで稲を束ねていきます。

DSCN5555.jpg

みなさ〜ん。写真とりますよ〜。
今回の参加者は10名。東京や千葉からもご参加頂きました。

DSCN5567.jpg

刈り取っては束にして、刈り取っては束にして。
ずいぶん手際が良くなってきました。

DSCN5579.jpg

スペースが空いてきたので、はさを作って稲を掛けていきます。

DSCN5584.jpg

大先生の仕事は見ていて飽きません。無駄が無い動きです。

DSCN5592.jpg

休憩には、今年最後のスイカを頂きました。

DSCN5593.jpg

6畝分ほどの稲が、きれいにはさ掛けされました。


DSC_0066.jpg
photo by Kenichi Fukushima

0
0
0
posted by 管理人 at 00:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 新着情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

稲刈り、思った以上に大変だったけど

気持ちよかった〜

稲がね

稲の穂がね

こーんなに重いって

知らなかったよー
Posted by 房安 研治 at 2006年09月23日 02:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。