”大地は祖先からの贈り物ではなく子孫からの借り物である”

2007年05月30日

田植えをしました!

5月26日・27日と、トラスト田んぼの田植えをしてきました。
天候は晴れ。しかし黄砂の影響で、遠くの山は霞んで見えます。

DSCN7233.jpg

苗は大きく育ちました。
これは、葉が5枚と半分くらい出ているもので、5.5葉苗と呼びます。
人間でいうと高校生くらいになった苗で、成苗とも呼ばれます。
これくらいまで育てて田植えをすることで、水を深く張ることができ、
雑草の生長を妨げることができます。
また、6月に入ると水温も上がってくるので、より早く生長することが
できるわけです。

DSCN7237.jpg

1日目は主に名古屋から、子どもたちがたくさん参加してくれました。
人手が多いので、さぞかし田植えがはかどるぞ〜
とは思っていませんでしたが、案の定
「おたまじゃくしだ〜」「カエルだ〜」「ヘビだ〜」と、たんぼを
走り回っていました。

DSCN7245.jpg

大人たちはといえば、心静かに、一本一本気持ちを込めて植えていきます。
田んぼの水は、少し暖かいのですが、ずぼっと泥に足を沈めると、
底の土はまだひんやりしていました。
ロープを張って、その線に沿って植えるのですが、田んぼが大きいので
それぞれの持ち場がひろくて、なかなか大変でした。

DSCN7242.jpg

お昼は、五平餅、こんてつの天ぷら、おからのコロッケ、ドライ納豆の
天ぷら、椎茸のお吸い物、煮豆、混ぜご飯、手づくり豆腐、きゅうりの
味噌漬け、大根のお漬物などなど、西尾さんの奥さまに作って頂きました。
子どもたちにも大人気で、ぺろりと平らげました。ごちそうさまでした!

午後も、引き続き田植えをしましたが、お昼の後なので少々スローダウン。
帰りのバスの時間などもあって、田んぼの3分の1ほどまで済んだ所で
1日目は終了となりました。

DSCN7255.jpg

2日目は、1日目とはまた違う面々が集まりました。
またまた晴れ。風がありますが、今日も暑くなりそうです。

DSCN7269.jpg

この日は中島さんと佐伯さんも特別講師に来て頂きました。
少し田植えの手を休めて、中島さんにはお米づくりのお話をして頂きました。
無農薬というのは、ただ農薬を使わないということだけではなくて
田んぼに住むたくさんの生き物たちを殺さないという事もとても大切なこと。
その生き物たちの中には、害虫も益虫も、ただの虫もいるわけですが、
そんなたくさんの命の中から生まれてくる、生命力のあるお米を作りたい。
田植えをしながら、そんな生き物たちを見つけて、楽しみながら
一本一本想いを込めて田植えをしてください、というお話など伺いました。

DSCN7271.jpg

早速、糸トンボ発見です。

DSCN7275.jpg

お昼は、またまた西尾家特製の朴葉寿司、お吸い物、和え物、おはぎなど
を頂きました。ほとんどが西尾さんの畑や山で採れたものばかり。

DSCN7277.jpg

午後からは、田植機にも手伝ってもらって、あっという間に終了!の
はずでしたが、植えてない所(植えられない所)も多くて、その部分は
手植えをして、間を埋めていきました。
機械植えでは根を切ってしまったりするので、やっぱり手植えはいいですね。

3時のお茶までには、2反歩の田んぼの田植えがすべて終了しました!
みなさん、お疲れさまでした。

ぐんぐん育ってね〜

DSCN7284.jpg

posted by 管理人 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 新着情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43301591

この記事へのトラックバック