”大地は祖先からの贈り物ではなく子孫からの借り物である”

2007年06月04日

真昼の夢・イノシシさんとの会話

ふるちん変臭長さんより〜

先日、なんと!僕の大事な雑穀畑がイノシシさんに荒らされましたがな!
一列だから、被害はあまりないのだけど。。

荒らされた雑穀畑を見ていたら、あまりに気持ちのいい千の風を超える満の風?
が吹いたので、うとうとと昼寝をしてしまいまひた。
すると、そこへイノシシさんが現れて、こう話しかけてきたのれす。

イノシシさん 『ふるちんさんよ〜この前は畑を荒らして悪かったしし〜』

ふるちん 『なんやあんたがやったのけ?荒らしたら困るがな〜』

イノシシ 『ごめんしし〜だども、ふるちんさよ〜山にはもう食うものがないしし〜 ふるちんさんの畑は無農薬で、化学肥料が入ってないからミミズもめちゃナチョラルで旨いんや!〜しし』

ふるちん 『まあ、竹炭も入っとるで、ミネラルたっぷりの究極の自然食品やな〜がはは。 だけどもイノシシさんよ〜季節だし、山には木の実やミミズなんかがたくさんあるやろ?』

イノシシ 『なに言っとるだしし〜山にはもう何にも食べるものなんかあらへんしし〜 人間さまが、栗もぶなもならも全部切ってしまい、杉と檜の山ばっかりにしてしまったしし〜 杉も檜も苦くて食べれないしし。昔はたくさんあったどんぐりや栗がなくなり、広葉樹の葉っぱが落ちないから山の土にはミミズ、トカゲ、ムカデ、カエルなんかのご馳走がまったく少なくなってしまったしし〜』

ふるちん 『そうなんか〜 ごめんな〜人間は自分のことばかり考えているからね。この自然には色々な生き物や植物があって、皆でバランスをとって生きていたのに、人間だけが欲が深くてこのバランスを崩してしまったんやね悪かったね。。。イノシシさんよ〜 どうしたらええのじゃ?』

イノシシ 『杉や檜を全部切ってくれとは言わないしし〜人間さまには必要だろうからね。でも、少しは広葉樹もあるような場所を作って欲しいしし〜 そうすれば里山に降りなくても、奥山で昔のように静かに暮らしていけるだしし〜』

ふるちん 『イノシシさん、よくわかったよ〜 これまでのことはごめんね。人間は道を誤ったようだよ、これからはバランスがとれるように栗やナラやブナなんかの広葉樹を植えるようにするからね。』

イノシシ 『ふるちんさんよ〜あんがとしし〜 うちのウリ坊もこの前ふるちんさんの裏の県道で車にはねられて死んだけどもこれできっと浮かばれるかもしし〜』

ふるちん 『そうか、この前死んでいたウリ坊はあんたの息子だったか悪かったね、人間があんたらの餌場を勝手に奪ってしまいえさ場がなくなって里山に降りてきたあんたらを害獣指定にして殺してしまいなんとも傲慢なことをやってきてしまったね。ごめんな。。。
これからは、杉や檜を切って、広葉樹の苗を植えていくね。』

イノシシ 『あんがとしし〜 これからは自然の中で仲良くバランスよくやるしし〜 うっしっ〜し〜』

ふるちん 『そんなさぶいダジャレを言ってるとボタン鍋にしてまうど〜うっしっし〜(^。^)』

イノシシ 『ぎえ〜〜 助けてくでしし〜』

てなぐあいな真昼の夢をしてしまいました。
起きたら涙が流れていました。
イノシシさん、ほんとうにごめんなさい。。。。

〜自然といのちに寄り添うむらざとの暮らしを大切にしたい〜
NPOむらざと
http://murazato.com
古田義巳(ふるちん変臭長さん)

0
0
0
posted by 管理人 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 食や農業・建築のこと・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43789983

この記事へのトラックバック