”大地は祖先からの贈り物ではなく子孫からの借り物である”

2007年07月03日

トラスト田んぼの様子/7月

DSCN7414.jpg

7月1日に、トラスト田んぼの様子を見てきました。
西尾さん主催の大豆畑トラストとの合同イベントで、
岐阜県内や愛知県から8名の方が集まりました。

早速田んぼへ…
おぉ〜水草が4分の1程を覆って、すっと稲が伸びています。
隣の田んぼと比べると、なんとなく野性的な感じがしました。
目立つ草も生えていませんね〜
どうやら、この水の中には雑草がたくさん隠れているようなのですが、
深水管理をしているのと、太陽光を水草が遮っているので、
稲より大きくは育てないそうです。
もっと稲自体が大きく太くなって、田んぼの地面が見えない位になると
雑草との戦いに勝利したことになるのでしょうか。

DSCN7415.jpg

ピントがズレてしまいましたが、これが絶滅危惧種のイチョウウキゴケ。
なるほど、葉っぱの形がイチョウにそっくりですね。

DSCN7416.jpg

次に森の中へ行って、モリアオガエルの卵を見てきました。
この木の枝にぶら下がっている白い塊がその卵です。
この木の下には池があって、卵から孵化したオタマジャクシは、
どぼんっと池に飛び込むという仕組みになっています。ほぅ!

DSCN7420.jpg

次はまた場所を移動して、山の下草刈りをしました。
ここは今年の3月にナラの苗木を植えた場所です。
まだまだ苗木は小さいので、放っておくと勢いのある草木がすぐ伸びて
日光を遮ってしまいます。
前に来た時には赤い山土が見えていたのに、緑の生命力はすごいですね。

DSCN7423.jpg

お昼は西尾さんの奥さまお手製の料理の数々。
いつもありがとうございます。
朴葉で包んであるのは、今回は寿司ではなくて、豆としその実と小魚のご飯。
味噌と青じその煮豆やジャガイモの煮付け、サラダなどなど。
うまかった〜

DSCN7430.jpg

午後は、畑へ出て大豆の豆まきをしました。
前の人が蒔く場所に印をつけて、後ろの人が筒の上から大豆を二粒
ころころと落とします。こうすると、腰をかがめなくて済むので、
体の負担が軽いそうです。なるほど〜
わたしはほとんど手伝えませんでしたが、
3チームで広〜い畑を蒔き終えてしまいました。

以上、もりだくさんの一日。
みなさまおつかれさまでした!

DSCN7422.jpg
posted by 管理人 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 新着情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46484263

この記事へのトラックバック